『画面見てない』から確認以前の問題

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

『判定』について説明

たまには記事らしい記事を書かないといけない風らしいので、「なんとなく使ってるけど、本当はどういう意味なのかよくわからない用語」の解説をしてみたいと思います。

というわけで今回は『判定』(ゲーム用語)について色々書いてみますので、「知らなかった」という方や「周りの人が使っててちゃんと理解しないで使ってる」方は折角なので覚えておくと良いかもです。


さて、一言で『判定』と言っても色々あります。
一般的によく使われる言葉として『あたり(当たり)判定』というものや、『攻撃判定』というものがあり、単に『判定』と言われる場合は前者を指す場合が多いです。

他にもゲームの種類によって『飛び道具(ビーム)判定』・『打撃判定』・『バリア判定』・『存在(半無敵)判定』などあり、同じような言葉でもジャンルが変わると違った言い方になるものもあります。


さて、長々と前置きを書きましたが、そもそも『判定』ってなんじゃい?という話から。

判定とは画面上のキャラクターや構造物・エフェクト等になんらかの処理情報が含まれている要素のこと、です。

なんじゃそりゃ?って感じでしょうかw
自分で書いててわけわかりません、パッと見w


具体的な例を挙げればわかると思います。

例えば画面上に自分が操るキャラ(自キャラ)が表示されているとします。
特に入力装置を使って入力しないでいれば、そのキャラは基本的に動きません。
ゲームのプログラム上でそのキャラに「実際の現実と同じように、そのキャラに物が当たればその物は跳ね返り、どこかにぶつかればその先には行けない様にする」と記述されていると、そのキャラには『対物判定』が備わっている事になります。

どうでしょう、マリオなどのアクションゲームをされたことがある人はおわかりになるでしょうか。
入力装置を使って自キャラを操作し、自キャラが障害物にぶつかるとその障害物を通り抜けて先に進むことはありませんよね。
敵のキャラを踏みつけると、そのキャラは潰れたり、または自キャラに何かしらのマイナス作用があたりますよね。

つまり一番の根底にある『判定』というのは、アクションゲームなどで物体同士の接触時に処理計算が行われるように各キャラ・オブジェクトに備えておく非視覚要素を言います。

非視覚要素というのは、キャラなどは視覚要素(プレイヤーが目で見て確認できる要素)なのに対し、プログラム内に記述されているだけで表示されていない要素の事を言います。
判定01

上図をご覧になっていただければわかるかと思います。


もうおわかりになっている方もいらっしゃると思いますが、『判定』が『あたり判定』と言われるのはコレが一番最初に出てくるからです。

緑色の判定が赤色の判定に当たった場合、赤色の判定(自キャラ)はミス扱い(自機-1)になる、とプログラムされているとすると、それぞれが接触するまでは計算処理されませんが、接触した際にプログラムされている処理が行われます。
何かに当たって処理されるから『あたり(喰らい)判定』です。

ちなみに、上図赤色・緑色の判定にはこの『あたり判定』以外にも『対障害物判定(存在判定)』や『攻撃判定』などが含まれています。

なお、この『あたり判定』が無い状態のことを『無敵』と言われます。
つまり、本当なら接触した際に計算処理されなければいけない状況で、片方に『あたり判定』が無い為に「接触してませんよ」ということで計算処理されないわけです。
『存在判定』はそのままなので、障害物に当たった際の処理はそのまま行われます。


さて、ここまでをご理解いただけてると後の話は簡単です。

アクションゲームなどでは先にも少し出てきた『攻撃判定』『バリア判定』というものがあります。
もともと『判定』という言葉はこの辺をやり込んでた人達が言い出した言葉のような気がしますが、詳しくは知りません。

『攻撃判定』は言葉の通り、攻撃要素を含んだ判定のことを指します。
『バリア判定』とは『ガード判定』や『非喰らい判定』など色々言い方はありますが、ようするに敵の攻撃が当たっても通常の『あたり判定』に当たった時と違う計算処理が行われる判定を言います。

判定02

某氏に無断で使わせていただきますが、上図をご覧になっていただくとわかりやすいと思います。
赤色の判定が攻撃判定です。
青色の判定はあたり判定です。
緑色の線は『軸』と言いまして、キャラの中心位置を指します。

この赤色の判定が敵の青色の判定に当たった時に『攻撃判定』に含まれているダメージが相手キャラの体力から引かれる計算が行われるわけです。


どうでもいいけど、見た目以上にでかくねーか、この攻撃。
どうりでよくこっちの攻撃がつぶs(ry


こういった判定はアクションゲームやシューティングゲームなどでは基本的に備わっています。
目で見てその大きさや含まれる要素がわからないので、あまり意識されたことが無い方も多いかと思います。

ただ、この事を知っていると
「自分のキャラの攻撃は、実際にはどのくらい範囲が広いのだろう?」
とか
「相手のキャラの攻撃は、どういう性能なのだろう?」
という探究心にむすびつきます。
これを考えて実際に調べて理解できている人は、そのキャラの使い方や相手キャラに対する対策などが間違いなくやってない人より優位な立場になれます。


というわけで今回はここまでにしたいと思います。
この『判定』がわかってくると『発生』や『持続』・『フレーム』と言った内容も理解できるようになって、ゲームを見る角度が変わって面白くなってきます。

その辺はまた機会がありましたら、ご説明いたします。
スポンサーサイト

雑記

The 近況

やらなきゃいけないことが結構あって、なかなかゲームや作業をやれる時間が無いです。
こんにちは。

両節棍動画の方はちょぼちょぼと素材集めたり言うことを整理したりしておりますが、とてもじゃないけど今月アップは無理そうです。本当ごめんなさい。

ゴールデンウィークに時間を取ってある程度進めちゃいたいと算段立ててる次第です。


三国志大戦もその影響でなかなかプレイできてません。
帰宅途中になんとか2プレイやってきたのですが、いや~、1戦目はボッコボコ。
周瑜に3度焼かれてゲームオーバーでした。

言い訳はしません、無警戒で攻めのプランが全然立ってませんでした。


星蓮船の方も飛び飛びでやっても上達しなけりゃ面を覚えられないので、出切る時にガッツリやっております。
早苗Bでノーボムクリアを目指して頑張ってみたのですが、5面からのチュンッ!率が高すぎてクリアまでこぎつけません。
誰か寅丸をどうにかして…。


あとまぁ、1時間前後ヒマが見つかれば無双にインするようにしてます。
だいたいアイテムやっておりますが。
あと1万で大将軍になれるらしいんですが、アイテム大将軍ってどうなのよ?


-どうでもいい余談-
パソコンから閲覧すると見れる左の『ココロ』さん。
来月を持ってサービス終了だそうな。
俺も7KI先生のブログで初めて知って、その場のノリで自分のブログに貼り付けてたのですが、淋しくなります。

三国無双online

3割打者はバケモノ

野球の世界では、打者は3打席中1本ヒットを打てばそのピッチャーに勝った事になります。

(反面、ピッチャーは勝ち投手になるにはなかなか大変なわけです。)



普通に考えて3割超えの打者なんてそうそう滅多にいないわけで。


それを踏まえて。
5分の状況下で5分の実力を持ったもの同士が戦うと、単純に確率の話と同じで勝率は5割になります。

2戦連続で勝つ確率はその半分、2割5分。
3戦連続でとなれば・・・


となるように、基本的に勝ち続けられる確率はどんどん下がっていきます。

無双オンラインの争奪の場合、必ずしも5分の状況・5分の実力とはなりません。
武器の性能だったり、マップのザコ配置だったり、無双武将の初期位置だったり、と要素を挙げ出したら切りがありません。

だから上記のように1/2がどんどん乗算されてゆくわけではありませんが、それにしても勝ち続けるというのはなかなか険しいことである、と皆さんおわかりでしょう。


じゃあ、勝ち続けるのではなく、限られた回数内で勝ち星が多くなるのはどうなんでしょう?

20戦中10勝すれば勝率5割です。

勝ちを意識してる人なら細かくチェックされているでしょうが、知らない方はご自分の屋敷内の家具で確認してみるといいかもです。

5割、5割かー。
5割ってーとなんとも判断しにくいところなんですが、多分5割勝ててれば全体的に見れば「勝ってる方」の人たちに入ると思います。

え?5割だからちょうど真ん中ぐらいじゃないの?
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ちょっと違います。

80人のプレイヤーが4人ずつPTを組み、総当りで対戦するとします。
80人中8人が超強者で勝率10割だとし、他の72人は全く同じ実力だとします。
とすると、残りの72人は必然的に2敗していることになり、残りの18試合で10回勝たなきゃ5分になりません。

もうお分かりですよね。
ある一定の高勝率を上げてる人が多くいればいるほど、それ以外の人の勝率とは落ちるようになっているのです。

ということで、5割勝ちしてる人は『多分』勝ててる人に含まれるはずです。
(多分ってのは一概に言い切れない要素があるのを知っているからです。)


だので争奪で15勝3敗とか、人によってはなんか「いまいちだったなー」とおっしゃるようですが、客観的にみて「勝ちすぎだろ」とw

連勝できなくても、勝ち越してればすげぇと思うんだけどなぁ、俺は。

三国無双online

修正点に書かれない修正

両節棍のDが修正されています。最近のパッチで。

飽きるほど使いこんでる人にしか気にならないほど微妙な修正ですが。


なんでしょう、やっと両節棍のDがちょっとは頑張れる性能になったってとこでしょうか。

それにしても背面の攻撃判定はいらないよなぁ…。どういう状況で走ってDを出す自分の後ろに敵がいるのか…。


修正点に書かれない修正ってのは無双onlineでは昔から結構ある話で、たまにバグ扱いで別のパッチで修正されたりするんですが、だいたいは『仕様』扱いで今もそのままのものが多いようです。


今回の件はどうなんでしょうね?

なんとなく、戦盤のDを修正したら、同じ関数使ってるかどうだかで両節棍のDも一緒に修正されたってクチのような気がしなくもないようなどうなんだろうね?

この調子で不遇刻印の修正もされてほしいもんだ。

雑記

星蓮船むっずぃって

早苗さんが結構面白いと気づきました。
特にB。

ミサイル魔理沙を彷彿とさせられました。
永夜抄では魔理沙単体でよくプレイしてたので、慣れたら楽しくなってきました。
あとボム強いです。

霊夢と早苗さんはノーマルクリアできたのですが、魔理沙ができません、
相変わらずあのキャラだけ一つ難易度が上がってるような気が・・・。

もうちょっと頑張ってみて無理そうなら、クリア達成した2キャラでエキストラ攻略を始めよう。

風神録のエキストラは結局挫折したんだけどねー( ´_ゝ`)


そういえば、風神録ではボム使うとパワーダウンするということで、ボムペナルティが高すぎてきつかった記憶が。
星蓮船はミスするとパワーダウンして、失ったパワーを回収するのにボス戦だときついってのが難易度高く感じる原因かな~?

妖々夢の頃は1ミスしてもボスのスペル後に落とすアイテムでパワーMAXになるしなぁ…。

あとまぁ、UFOを沢山呼べる所でのザコの攻撃がハンパないのが怖いです。
4面と5面の道中はいつの作品でも俺にとって鬼門です。

雑記

俺の知ってる東方と違う

今更ですが、東方星蓮船が地元で売ってたので買ってやってみました。

東方は紅魔郷・妖々夢・永夜抄世代だったので、久々のプレイです。

一応、花映塚と風神録も買って持ってはいたのですが、そんなにやり込んでません。
システムもスペルも何も覚えてませんです、はい。


そんなノリで始めたら、4面道中でいきなり終了。
紅魔郷より殺しに来てる気がするんですが、単純に俺の腕が落ちてますか?それともそういうレベルなんですか?

わけわからないまま続けられるわけがないので、ココでマニュアルを読みました。


「ああ、どうりで1アップしないわけだ!」

システムをある程度理解できたところで全キャラ触れてみましたが、やっぱり霊夢A・Bがしっくりくる妖々夢ノーマル勢でした。

何回かやってくうちに5・6面まで安定してきましたが、やっぱり『基本根性避け』やってるのでそれ以上がなかなか行けなくて困りました。

決め撃ちボムと繰り返しプレイで攻略を進めて、ついさきほどようやくクリアできました。
東方ってこんなムズイゲームだったかなぁ…。

面白いのでしばらく久しぶりに頑張ってみたいと思います。



今週末は三国志大戦の全国大会ということで、会場まで残念ながらいけないのでネット配信で観戦したいと思ってます。
こういうとき関東に住んでる方がうらやましい…。



ゴールデンウィークに本州の最西端、下関でEFZの大会が開かれます。
下関オフというとテンション上がるんですが、長野からは遠すぎるので今回もリプレイを期待する立場になりそうです。
中国地方のEFZ勢の方達と一度でいいから会ってみたいとは思ってるんですが、う~む…。

三国無双online

極雷動画は放置なんですか?

ようやく風邪も治りかけまして、なんとかパソコンの前に座れている状況です、はい。

今年はインフルエンザにもかからないで健康にすごしていたのに、はやくも躓きましたね。


たまに質問されるんですが、

極雷玉を使ったコンボ動画はもう作らないんですか?
次はいつですか?


作りませんし、次はありません。


なんでかというと

そもそも動画を作り始めた当初の目的は

「極雷玉を使えば一撃必殺できるんじゃないか!?」
という、極まった企画でした。

それがバージョンアップする毎に
「とてもじゃないけど、こりゃ無理だ」
という事態になりまして。

なんか勘違いされている方が多いようですが、あの動画は別に「カッコよさを探求」する動画じゃないので、これ以上やるだけ俺の中で価値が無いと判断しました。

よく見ればどれも同じような構成になっているのに気づくはずです。
新しい武器が出ても、だいたいやってること同じじゃあ、見る分にも楽しめないですし。

とはいえ、過去の遺産にしてもなかなか古きよき時代が見えて楽しいので放置してます。
奇特な方がマイクリップをしてくださっていますし、どっかの外国ではオフィシャルの掲示板に貼り付けてるようなので、無闇に消すのもアレかな、と思っています。

別の方が、着火コンボなるものを動画にされています。
現行のバージョンではそっちの方が圧倒的に殺傷力が高いと思うので、今後の発展に期待してます。



別に極雷が弱いわけではありません、あしからず。
今でも僕は事故ヒットに期待しながら覇を振り回しています。

雑記

風邪をひきました

新年度早々、思いっきり風邪をひきました。

子供の頃から扁桃腺が弱くて、ちょっとでもノドが赤くなると熱が出てしまいます。
逆を言えば、子供の頃からよく風邪をひいてるもんで、「ひき慣れてる」ってのもあります。

僕の尊敬する人に『埼玉最終兵器(弟)』という方がいらっしゃいますが、その人がこんな事言ってました。


「熱が出てる→倒れる→体温計で計る→ギャー高熱

ではなく、

熱が出る→体温計で計る→ギャー高熱→じゃあ倒れるか

実は俺も全く同じだったりして、その日記を読んだ時に驚きを隠せませんでした。
体温計で熱を測る前に、ある程度どのくらいの体温になってるかわかります。
それを認知した時に初めて「倒れるかそのまま頑張るか」を選択するわけで。

変な話、体温計なんてものがなければ多分どんなに高熱でもがんばっちゃうんだなぁ、と。

体温計を作った人に感謝。


そんな俺の近況は置いておいて。

最近あまりやってないけど、大好きな三国志大戦の動画を貼り付けてみるテスツ。

ただ貼り付けるだけじゃなく、尊敬している君主の動画を主に紹介していきます。


・長州(小力)君主


魏武号令と言ったら真っ先にこの人の名前が上がる人は俺以外にも沢山いそうなくらい、人気の君主です。
とにかくキャラの会話とプレイングが楽しすぎて、「上手い!」「下手!」という動画提供において一番重要になる要素を無視して人を惹きつける君主です。
俺の動画はほぼこの人のパクりです。絶妙な掛け合いは見て盗もうにも盗めませんが。



・政春君主


一見すると無茶なデッキ構成なのに、この人が使うとどう考えてもガチデッキのような気がする不思議な動画を提供されている方です。
ハンドスキルのレベルが高すぎてむしろ参考にならない。で、さっきも言ったようにデッキがネタすぎて参考にならない。
という、色々な意味で全く参考にならないのに、次の動画が楽しみになってしょうがないのはどういうことか。
(小力)君主もそうですが、この方の動画でも「ハゲ」が大活躍します。



・花関策君主


セナ♂君主をはじめ、桃園使いの方はどなたもスゴイ腕と知識でため息しか出ないのですが、この花関策君主もその内の一人です。
会話型対戦動画のお約束なのか、観ている方を楽しませる工夫が適所にあるのですが、そのボリュームがハンパなく多いのが特徴かと思います。そして動画の終盤には「いつものアレ」が「流れ」はじめて気持ちよく終わります。
ドリフのコントと同じ要素で組まれているから、安心して楽しめるのかなぁ、と思いました。

雑記

2010年度が始まってました

今のこの時間まで今日が『エイプリルフール』だったことに気が付いてないくらいなので、

当然エイプリルフールネタなんぞ仕込んであるわけもなく、

今日も普段通りの一日をすごしてしまいました。



まぁ、普段からうそ臭ぇ記事書いてるブログなので、信憑性という面ではすでに低いかもしれませんが…。


皆さん、メディアには気をつけましょう。
真に受けるかどうかは、見る人次第ですので。


ちなみに俺のモットーは
「情報は、正確・アツく・胡散臭く」
なので、ひねくれた読み方をしないと一番肝心なところが見えないようになっています。

っていうことは、逆をいえば…。という話になって…。コレはヒドイ。
プロフィール

Gato=Rinz(我統)

Author:Gato=Rinz(我統)
英雄伝説 空の軌跡シリーズのクローゼ(クローディア)をこよなく愛する若年サラリーマン

EFZや真・三国無双onlineなどのアクションゲームを好んでプレイしてます。


当ブログはリンクフリーですが、
EFZ界隈、無双onlineプレイヤー様からのリンクだけとさせていただきます。
特別、ブログ主の許可を取る必要はありません。
ご報告いただきましたら、相互リンクさせていただきます。


自作の動画や、ゲームのプレイ動画はこちらに投稿してます。
zoome

無双OnlineのN1の事
この辺をご覧下さい



【Eternal Fighter Zero】
かれこれ5年近くやってましたが、2008年現在、現役勢引退となっています。
オフ会などには呼ばれなくても遊びにいきますが、対戦相手としては力量不足をいなめません。

使用キャラ:椎名繭
うまとびは三流の使う技。
厨流はRFみゅ~を使う。



【無双online・レベル】★=Lv1
拠点制圧 ★★★☆☆
敵兵撃破 ★★★★★
仙箪強化 ★★☆☆☆
対人   ★★☆☆☆

兵長拠点 ★★★★★
兵士拠点 ★★★★☆
高楼拠点 ★★★☆☆
武将拠点 ★★★★★

両節棍   ★★★★★
あと他   ★★☆☆☆


両節棍[陣覇](雷玉)一択です。基本的に。
対決よりは制圧派です。
それ以上にアイテム派です。

真・三国無双オンラインランキングにほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ

最近のトラックバック
ブログ内検索

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。