『画面見てない』から確認以前の問題

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

俺とかいってFalcom厨なんで

以前にも書きましたが
y_vs_e_b
イースvs空の軌跡 オルタナティブ・サーガ

発売しまして、オフィシャル通販で予約してたら昨日届いて今日も現在遊んでおります。

ファルコムファンを名乗っておりますが、実はナピシュテム・VMJAPANからのファンなので、それこそ聞いたことも無いゲーム機の時代からのファンの人たちからすればにわかです。

そうはいっても空の軌跡もイースも大好きなタイトルなので、それだけでおいしくご馳走になれるゲームです。


原作知らなくても対戦するだけなら全然普通に遊べるかなぁ、と思いましたが、そういう人で購入された方の話を聞いてないので何とも…。

感覚的にはガンダムVS系のゲームに近いかと思います。
視点がキャラの背後じゃないけど、ダッシュやジャンプを使いつつ、相手キャラに攻撃したり攻撃を回避したり。
動きも速くてタゲへの攻撃が外れやすいけど、油断してるとフルボッコにされる点も似てるかなぁ。



使用キャラについては割愛。


やりこみ方によって色々出現するので全キャラ一通り使いますが、使い込むキャラは一人しかいませんよ。
サポートキャラもこだわりの組み合わせで決定してます。


PS3があればアドホックパーティでネット対戦もできそうです(未確認ですが、まぁ大丈夫でしょ)。
まだ発売されたばかりなので、今後の動向に期待しつつストーリーモードを楽しんでます。
スポンサーサイト

雑記

闘劇観にいきてー

今年の闘劇には格闘ゲームの中でも北斗と同等の異彩を放つ作品
『戦国BASARA X(クロス)』
が種目に入っているということで。

あんまり詳しくないので逆に観てみたいというのが今の気持ちです。

とりあえず北斗は縦に、バサラは横にはげしく相手キャラを動かすゲームというのは知ってる。
上杉が当身始動で宇宙まで飛んでくのも見た。

ある意味、世紀末より群雄割拠の戦国らしいといえばらしいんですがw


別の話で。
もうご存知の方も多いでしょうが、ZOOMEさんが来月から課金制になるということで。
もともと月に一度アップするかしないかっていう利用者なので、あまり苦にはならないと思うんですが、それでも今のうちにアップできるものはアップしておこうかと思っています。

思ってはいるけど作る気は現在ないので、とりあえず持ってるものを見繕ってエンコードしてみたり。


無双の話。
レゴさんがかなり興味深い記事を書いてらっしゃいます。
相手の視点を考える

常々申し上げていますが、対戦ゲームは『対戦相手ありき』のゲームである以上、そこに読み合いや駆け引きが常に発生しています。
もともとそういう畑の人はわかっているのですが、そうでない方、ライトユーザーさんは是非お読みになってみることをオススメします。
俺も読んでかなり納得しましたし、レゴさんの物の見方には毎回のことながら驚かされます。
ご自分ひとりで気づいて勉強されたのか、なかなか普通の人には真似できない感性があるなぁ…。

雑記

画面見ない勢の本気

妖々夢をいつものように画面見ないでやっていたら3面クリア時点でハイスコアコースに乗っている事が気づき

『画面見て』頑張ってみたノーマル(時間の関係上、6面のみですが)


反魂蝶がくやまれる!
けど、スペカ中のフルタイムグレイズやチェリーポイント・ボーナス稼ぎをあまりやらずにこの点数だったので満足です。

妖々夢のゲームバランスはマジで極まってます。
やればやるほど上達できるようになっているし、点数を稼ぐことを研究できる内容になっているのが素晴らしいと思っています。


残念ながら俺は発売当時は存在すら知らず、しばらくしてから友人に教えてもらって始めたクチで、紅魔郷世代の人たちのプレイを参考にさせてもらいながら練習してました。

あのときの情熱はいったいどこから出ていたのかw

その後発売した永夜抄もかなりハマって頑張ってましたが、まさかのHDDクラッシュで全記録が抹消。
学業に専念しなさい、という神主のおつげと受け取り、情熱はそこでストップしました。


今でも十分面白く感じるし、多少シューティングに慣れてない人でも問題なく遊べるゲームだと思うので、未だに人気が衰えないのも納得です。

三国無双online

ラグ対策の実装について

個人的に、今回のアップデートで実装された『ラグ対策』は評価してます。
一プレイヤーとしてではなく、技術スキーとしてですが。


mixiの方でふるい友人のカスタード兄者もボーダーブレイクで遊んでいて、今回のようなラグについて事細かく技術者視点で問題解決を考えていました。

つーか俺のリアル周辺はそんなのしかいないのか。
もっと純粋にゲームやれ。


通信技術を使っている以上、どんな環境であれラグは必ず発生する。
というのは以前書きました。
たぶん、このへん

今回のアップデートでは、この数フレームのラグに対して真っ向から挑んだものなのです。
もし仮に上手くいっちゃったりしたら、特許とってウッハウハになれますよ、この技術。


まぁ、ご存知のように失敗だったようですが。

憶測ですが、どういった内容だったのか解説したいと思います。


今までは数フレームのラグにより位置情報に誤差が生じていて
「そこにいるだろう」と攻撃した側から見ると、相手に届いている攻撃も、相手側からすればすでにその場にはおらず、攻撃側の攻撃をかわしている。
ということが日常茶飯事でありました。

一般的に「ラグい」といわれる要素の一番最初にあがる話です。
俺に言わせればこの程度でラグとは言いたくないんですが、まぁ実際ラグによって起きてる現象なので「ラグい」というのは正しいのでしょう。

この問題点は攻撃側はしっかり攻撃があたっているにもかかわらず、相手側には一切ダメージも何も入らないという点。
相手にしてみれば攻撃避けてんだから当たり前なんですが。


今回のアップデートで修正されたのはここです。

「攻撃側の攻撃があたってれば、相手がどこにいようがダメージも派生も全部入れちまえ」

ということ。

空中にいようが地べたはいつくばってようが、攻撃側が攻撃をあてている限りその通りの動きになります。

だから
「あ、はずしたー!」
と思われた攻撃も相手が変な浮き方したりしてそのまま普通にヒットしたり、

「げ、ガードされてらー」
と思われた攻撃も途中から普通に食らってくれたりしてるはずです。


通信回線が遅い人ほど顕著にでているはずです。
以前にも似たような隠れアップデートがありましたが、今回はダメージだけでなくすべての属性が入ることになっているのでインパクトはすさまじいです。


その弊害として、位置情報の猛烈な誤差も発生しています。
特に雑魚兵士が密集している場所や、構造物の端などはきわまっています。

攻撃側優先システムはなかなか面白いと思ったけど、実際実装してみるとやっぱり問題だらけなんだなぁ、と思いました。


システム開発者の腕の見せ所だとは思いますが、この問題を抱えているゲーム会社はもんのすごく多いです。
どこもあ~だこ~だいいながら色々試して問題解決をがんばっているので、あんまこの件で運営いじめるのはどうかなぁ、と思います。

もしゲームにならないと思われた方は、しばらく無双onlineをやらないようにして、調整入ってからまたやり直すか、俺のように割り切って考えていただくしかないです。

雑記

『天』は戦乱ゲー

持ってる携帯ゲーム機はDSとPSPとあるのですが

いかんせん、持ってるソフトが少ない…。


今月末に
Y's VS 空の軌跡が発売するので、しばらく浸かる予定です。

PS3があればネット対戦もできるよ!
という宣伝だけしておきます。


でまぁ話を戻して
DSには『三国志大戦・天』がささりっぱなので、移動時間や外出時の暇な時にちょくちょくやってます。

やってます、と言ってる割にやってるのは戦乱と騎兵演習。
(鍛錬の章は激の残り2ページに心が折れて放置しました。)

戦乱は毎回デッキ編成や侵攻・防衛が新鮮なので何回やっても飽きません。
ある程度戦えそうな初期状態であれば割とサクサク進められるのもイイと思います。


っていう一人用になってる対戦ゲーム。
調べたら今でもネット対戦やってる方がいらっしゃるようで。

以前、手ほどきをもらうために友人と対戦したことありますが、知らない方とやったことはなかったなぁ…、と。
「いや、ゲーセンでやるし」
って思ったらなかなかWi-Fi繋げられないんだよなぁ。


大戦のネット対戦といえば
三國征戰



こんなPC用ゲームが中国にありまして。

こちらは2年ほど前にSEGAが中国の会社と提携して開発されたオンラインゲームらしいです。
俺も最初見たときは「え、パk…」とか思いましたけど、ちゃんとSEGAのゲームですw

武将の絵柄が日本に比べて随分硬派なので、「三国志が純粋に好き!」という人には三国志大戦よりピッタリくるかも。
全部中国語ですが。

なんでコレが2年も経ってるのに日本でサービス開始されないのか、といえば。

単純にゲームセンターでお金を落としてくれる人が減るから、なんだろうなぁ…。


それが・セガ・クォリティ


それにしてもコレ、タッチペンでも操作つらいのに、マウスでやってんのか?

雑記

とりあえず今週までは先送り

参議院選挙があったり
無双に大型アップデートの情報が出たり
大戦がバージョンアップの更に微調整バージョンアップがされてたり
色々あったわけなんですが


すみません


今週は資格試験があったりするのでそれどころじゃなかったりしてます。
っても選挙はちゃんと行ってきましたぞ。


息抜きに無双にインしたらJRAのナニカを教えてもらってハマってしまいましたが。

スキージャンプペアのコンビがまさかあんな形でまたバカ動画を作ってるとは…。

とりあえず今週末くらいまで、色々面白そうな情報は溜めておきます。
それでなくても平日も普通に忙しい事になってきているので、にっちもさっちも。

雑記

これが俺の実力(ヒキ)よー!

ちょっと心が疲れていたので

三国志大戦のCOMをぶっとb・・・新カードを掘りに行ってきました。

どうでもいいけど、前にも書いたけど英傑伝のCPUは容赦ないっすね。
武力がぶっ壊れてる武将が出てくるだけで憂鬱になります。



と、その前に。
数日前にアップした対戦動画。
実際にプレイした時は稼動当初です。




でまぁ、新カードのCやUCを引いたりしてたら





疾風怒濤


何かが違う、というか


何もかもが違う

お前だったんだけどお前じゃない。

そんな日でした。



ふとデッキを考えていたのですが

SR張飛R馬超R趙雲(旋風)C羅憲R関銀屏

とか熱そうで面白そうだなぁ、と思いました。
虎髭の覇気から若き血の目覚めは奥の手としてw

ただ、ダメージ計略に弱そうだし、蜀のお家芸である挑発が無いのも…。
まぁ、どうも虎髭の覇気は現在ぶっ壊れ性能らしいので、周りは蜀じゃなくても良いのかなぁ、とも思いました。

雑記

「見てから~」はネタだから

ウメハラネタにもかかわらず、ウメハラ本人は一言も言ったことがないネタ

「○○見てから××余裕でした」


元ネタの「小足見てから昇竜余裕でした」は本人曰く「無理に決まってんじゃん」

そりゃそうだw
読みとリスクの少ないブッパが結果的にそうなっていただけのようで。


というわけで、最近よく目にする「見てから」ネタは「実際には見て反応したわけではない」という意味が含まれているわけです。

だから「はぁ?マジで見てからかよ!?」という突っ込みは

「ネタにマジレスかこわるい」と言われるのが関の山。
よく見ればどうみても相手の挙動の前に入力完了してるだろ、ってわかります。



正しくレスするなら「さすがっすねw尊敬しますわw」がよろしいかと。

あと、『反射』を『見てから』と勘違いしてるケースもあります。
それは『反応』であって『確認』じゃないですよね。

雑記

槍撃で大打撃が出る動画

尊敬する政春君主の最新動画




総武力や武力差を考えてる自分がバカらしく思えてしまう…。
この人マジでスキルがヤバイよ。
普通いくら陣略と号令使っても武力10オーバーの兵力白い軍隊を被害ほぼ0で帰せるわけがない。

「槍兵は騎馬兵に比べて瞬発力が無い」
というのが定説だけど、条件がそろえば「殲滅力」がググッと伸びるようで…。

その前に槍撃のスキルとカードを入れ替える操作が必須ですが。
プロフィール

Gato=Rinz(我統)

Author:Gato=Rinz(我統)
英雄伝説 空の軌跡シリーズのクローゼ(クローディア)をこよなく愛する若年サラリーマン

EFZや真・三国無双onlineなどのアクションゲームを好んでプレイしてます。


当ブログはリンクフリーですが、
EFZ界隈、無双onlineプレイヤー様からのリンクだけとさせていただきます。
特別、ブログ主の許可を取る必要はありません。
ご報告いただきましたら、相互リンクさせていただきます。


自作の動画や、ゲームのプレイ動画はこちらに投稿してます。
zoome

無双OnlineのN1の事
この辺をご覧下さい



【Eternal Fighter Zero】
かれこれ5年近くやってましたが、2008年現在、現役勢引退となっています。
オフ会などには呼ばれなくても遊びにいきますが、対戦相手としては力量不足をいなめません。

使用キャラ:椎名繭
うまとびは三流の使う技。
厨流はRFみゅ~を使う。



【無双online・レベル】★=Lv1
拠点制圧 ★★★☆☆
敵兵撃破 ★★★★★
仙箪強化 ★★☆☆☆
対人   ★★☆☆☆

兵長拠点 ★★★★★
兵士拠点 ★★★★☆
高楼拠点 ★★★☆☆
武将拠点 ★★★★★

両節棍   ★★★★★
あと他   ★★☆☆☆


両節棍[陣覇](雷玉)一択です。基本的に。
対決よりは制圧派です。
それ以上にアイテム派です。

真・三国無双オンラインランキングにほんブログ村 ゲームブログ 真・三國無双Onlineへ

最近のトラックバック
ブログ内検索

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。